東海地区の会員様と面談のあと掛川城へ寄り道


東海地区の会員様と名古屋で面談のあと翌日掛川城へ寄り道してきました。

掛川城のある掛川は新幹線「こだま」の停車駅で静かな城下町といった雰囲気、駅から掛川城は徒歩で10分くらいのところにあります。
天守は木造復元、二の丸御殿は幕末に再建されたものです。

天守と御殿のセットになっている入場券(410円)を購入し、まずは天守へ、、
天守を見上げながら少し急な階段を登ります、あまり大きくありませんが綺麗な天守に到着です。
天守閣からの眺めは四方が一望できます。

次に二の丸御殿へ、、
全国に4箇所しかない現存する二の丸御殿は、御殿内を自由に見学できます。
ちなみに、100名城スタンプは御殿の玄関で押せます。
この二の丸御殿の庭から天守閣を仰ぎ見る天守は最高のローケーションでした‼️

パンフレットの写真にもなっていましたが、桜の咲く頃に訪れたらさらに感動すると思いました。
とても静かで落ち着ける場所でした。

☆☆☆金土日限定!個別無料相談実施しています!『無料!相談予約』『お問い合わせ』フォームよりお気軽にお問合せ下さい♪☆☆☆

二の丸御殿の庭から天守閣を仰ぎ見る天守!
kakegaw.jpg

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』観てきました!

鎌倉と黄泉の国を舞台に描かれた人間と幽霊、妖怪達の不思議な物語です。
堺雅人さんと高畑充希さんの夫婦愛に観ていてほっこり、そして泣いたり笑ったり、後半は「千と千尋・・」の実写版のようなファンタジー!

後で思えば、前半のフリ(?)がちょっと長かったかな?て感じましたが、最初から最後までリラックスして楽しめたました。
その前半のフリも最後にきちんと回収していました!
人の優しさや無駄に思えるアイテムが実は意味のあるもので、人には親切にした方がいいもんだなぁって、、

映画通の人からすれば、ストーリーにもうひとひねり欲しいところかもしれませんが、これなら子供でも楽しめると思います。
レトロな時代背景でありながら、時折「100円ショップ」とか今でこその言葉もでてきて一瞬「えっ?」みたいな気持ちにさせられましたが、それもきっと狙いだったのでしょう。
そして黄泉の国のビジュアル、綺麗に描かれていて、あんなところに住めるなら死ぬのも悪くないかも、、、なんて一瞬感じてしまったり。。。


それにしても、結局、中村玉緒さんは人間だったのでしょうか?妖怪だったのでしょうか?
それと、なんといっても今回自分の中でのNO.1は、安藤サクラさんの死神キャラでした!
最初「誰だろう?」と思って観てたんですが、気が付いたとたん、「こんな役も!」とその演技の幅に一気にファンになりました。


☆☆☆『婚活 with you 東京』は全国どこへでもこちらからお伺いします!☆☆☆
tankoro.jpg

バスツアーで伊勢神宮にいってきました!

Ⅰ.伊勢神宮にいってきました!
10月21日22日、1泊2日のバスツアー参加です。
『4食付き!伊勢神宮「外宮・内宮」両参りと答志島温泉/船で渡る!離島で食すイセエビ一匹付きの夕食2日間』

ツアーのおすすめポイントは、次の通りです。
■伊勢神宮の「外宮・内宮」両参り!内宮は3時間滞在で、おかげ横丁など散策も
■船で鳥羽湾の離島に渡る!答志島の温泉宿に宿泊
■イセエビ一匹付!海の幸満載の豪海膳の夕食を堪能
■4食付き!伊勢名物・伊勢うどんやてこね寿司の昼食や豚捨コロッケのおやつも♪ 
添乗員さん同行します。

そして、これがツアー日程です。
1日目:新宿(7:50発)-【バス】-(シラス弁当)-【バス】-伊勢神宮・外宮(豊受大神を祭る大社/参拝50分)-【バス】-真珠店(買い物20分)-【バス】-佐田浜港--【乗船約20分】--和具港-【徒歩約10分】-答志島温泉(泊)
※伊勢湾離島の温泉宿に宿泊!眺望自慢の大浴場でのんびり
2日目:答志島温泉(8:00発)--和具港--【乗船約20分】--佐田浜港-【バス】-伊勢神宮・内宮(お伊勢参りやおかげ横丁の散策・伊勢うどんとてこね寿司の昼食/散策・昼食計180分)-【バス】-王将伊勢(買い物/20分)-【バス】-新宿着


ツアーを申し込んでから思ったのですが、新宿から伊勢までバスって距離がありすぎる!?
でも・・料金が低めの設定だったので、OKということで!パートナーと2名で参加です。

Ⅱ.出発前に、、そもそも「伊勢神宮」ってどんなとこ?
お伊勢さんと呼ばれ、江戸時代には一生に一度はお参りしたいスポットとして知られていた伊勢神宮。
そもそも「伊勢神宮」とは?
地元の方から「お伊勢さん」と呼ばれ、古くから日本人の心のふるさととして親しまれてきた伊勢神宮。伊勢神宮は1つの神社ではなく、皇大神宮(こうたいじんぐう)「内宮」(ないくう)と、豊受大神宮(とようけだいじんぐう)「外宮」(げくう)を中心とした125社のお宮とお社の総称のことで、正式には「神宮」といいます。
「外宮」「内宮」と「御正宮」「別宮」
「豊受大御神」を祀る「外宮」と、「天照大御神」を祀る「内宮」。
豊受大御神と天照大御神が鎮座する社殿が「御正宮」で、それに次ぐ格式の高い特別なお宮が「別宮」と呼ばれます。外宮→内宮の順、御正宮→別宮の順に参拝するのが古くからのならわしです。
三重県観光連盟公式サイト「観光三重」より参考にさせていただきました。

Ⅲ.【一日目】さあ、出発です!
なんと、季節外れの台風21号が、沖縄付近から北上中!東海・関東に向かい日本列島上陸をうかがっています!
ツアー中止か?台風を甘く見てはいけない直前キャンセルしようか?...不安をいだきながらも、ここまできたら行くしかない!
覚悟を決め、傘だけではなく、防水の上着、その上ヤッケまで詰め込み前夜に雨対策万全の準備です。

いよいよ当日、やはり、家を出るところから東京は雨模様です。
新宿でバスに乗り込むと、30数名参加の席は全て埋まっていました、
一人分のスペースがゆったりと確保されているタイプのバスで満席です、どうやらツアーキャンセル客はでなかったようです。
女性グループの参加が多いようでしたが、シニアのご夫婦や小学生くらいのお子様も参加しているツアーでした。

ほぼ予定時間7:50に、ある意味台風に向かって新宿を出発です!
運転手さん、雨そして長距離の中、安全運転でお願いします。
東名高速に乗り、海老名・掛川・御在所、約1時間半ごとSAで休憩をとります。
SAはどこも綺麗でしかも個性的で、食欲・購買意欲がそそられます。
途中バスの中で、調達したSAの名物やツアーで出された「シラス弁当」をいただきながら、伊勢神宮へ向かいます。
そして、休憩込みで約6時間、14時過ぎに無事到着!運転手さん、添乗員さん、みなさん、おつかれさまでした。

Ⅳ.まずは外宮参拝です!
ドシャブリとは言えないまでも、まあまあな雨です、傘をさしての外宮参拝です。
明日2日目に経験する、「内宮参拝のときの雨に比べれば大したことなかった」と、後で思い知らされることになります・・・。
こちらが外宮の案内地図です。
GEGUU_45417232.jpg
手水舎で、手を清めます。
作法です。
1.右手に柄杓を持って水をすくい、左手を清めます。
2.柄杓を左手に持ち替えて、右手を清めます。
3.柄杓を右手に持ち替えて、左手に水を受けて口をすすぎます。
4.もう一度左手を清め、柄杓を垂直に立て残りの水で柄杓の柄を清めます。
立ち止まって一礼をし、鳥居をくぐります。

ここからは、大きな木々と静寂につつまれ厳かな空気を全身に感じます。
雨による人の少なさも手伝っていたかもしれません、雨もまた貴重な空気を感じることができました。

いよいよ正宮参拝です。
心をしずめて神前に立ち「2拝・2拍手・目をとじてしばし祈り・そして1拝」。
正宮では、個人的な願い事はせず、日々の暮らしへの感謝をささげて下さいとのことです。
個人的なお願いごとをしたい方は、正宮のすぐ傍にある第一別宮、多賀宮へ。
こちらには、豊受大御神の荒魂が祀られています。

Ⅴ.ツアーは答志島温泉へ
雨の降り続く中、外宮の参拝を終えツアーバスは伊勢志摩の名産の「真珠」店へたちよります。
男の立場からすれば「この雨なんだから真珠店はパスして早く温泉へ、、、」が本音でしょうか。。。

そしてこのあと、このツアー最大のイベントが始まります。

鳥羽市の港につき、バスからフェリーに乗り換えです。フェリーは50~60人用サイズでしょうか、ツアーでの貸切、それほど大きくはありません。
漁船ではありませんが、けっして観光用フェリーのような洒落たものではありません。
この時間には雨・風ともに強くなってきていました。
フェリーに乗り込み出港!

台風が近づいてる中での海、不安は当然に的中です。
湾をでたとたん、フェリーは波によって上下に大きく揺れます。
女性は揺れるたびに「キャーッ」、子供は大喜び、
中には硬直してバーをがっちり握ったまま動けない人も、、私はどちらかというとこのタイプ。。。

強がって笑顔をつくりながらも、荒れた海を知らない我々は船がひっくり返るんじゃないかと心配な約20分の船上でした。

島へ渡ったのはいいけれど明日は島から出られるのだろうか、、
それが一番の不安でした、一泊で済むのかな?更に台風は接近してきているのに。。。

答志島の港から温泉旅館へは徒歩10分の計画でしたが旅館側が車を走らせてくれました、ありがとうございます。
到着した旅館(?)ホテル(?)は、けっこう年代を感じさせてくれました。
この天候で、伊勢湾の眺望とはいきませんでしたが、まずは夕食前に大浴場でのんびりです。

今回のツアーのポイントに一つ、「イセエビ一匹付!海の幸満載の豪海膳の夕食を堪能」!
ん~、確かにそのとおり!イセエビ一匹!、

気のせいかもしれないけれど、このイセエビなんだか小さくないか?・・・、しっかり器に収まってるし!
でも、地元の方たちが頑張って提供してくれていたので、グッとこらえて心の中にしまっておきます。
でもイセエビの味は甘くて美味しかったですよ!
1508828139612.jpg
雨・風強いまま就寝。
天気予報では台風は九州沖くらい、明日も直撃は避けられるものの、、、秋雨前線がおおいに刺激されているとか。。。

Ⅵ.そして【二日目】の朝です!答志島を出発!
二日目の朝、起床・・・やっぱり、雨・風、強い。。。
島の反対側へ車で移動し、より鳥羽の港に近い港からフェリーに乗るようにに変更したようです。
手早く、一応温泉と朝食を済ませ、旅館の送迎車で島の反対側の港へピストン輸送スタート!
昨日のフェリーよりはやや安定感を感じさせてくれる造り、、でも昨日のフェリーの揺れや、更に悪化している天候からすると、
不安以外にない・・・・。
全員の乗船を確認しフェリー出発!

湾から海に出る瞬間、昨日の恐怖の再現、フェリーは大きく上下に揺れた。
そこへ、船長さんから「船がひっくり返ることはありませんよ!」の言葉、一気に安心感、、
とは言っても、次の揺れに気持ちの準備はしていたのですが、その後は大した揺れも感じずにアッというまに鳥羽に到着です。
確かに昨日より天候は悪化しているのに、揺れずに時間も半分くらいで着きました。
船長さんありがとうございました。

なんとか、予定通り、1泊で戻って来られました。。。

Ⅶ.今日は内宮参拝です!
鳥羽からバスを走らせ、間もなく内宮へ到着、
外はドシャブリの大雨で今のところ風がないのがまだ救い、まっすぐ下に向けて滝のような降り方です。
同じツアーのお客さんの中には、参拝をあきらめ『おかげ横丁』に向かってしまう人もいます。
初めての伊勢神宮、私の中で、参拝を諦めるなんて気持ちは一ミリもありませんでいた。
上はカッパを着込み、傘をさして内宮参拝に向かいます。
まずは五十鈴川に架かった宇治橋を渡ります。

五十鈴川のイメージってありますよね?写真や映像で見る限り穏やかできれいな、そんなイメージ!
この日はと言えば、まさに濁流と化していました、
こんな五十鈴川を見ることができた!それはそれで貴重な経験となりました。

20171022_094657.jpg

内宮は、右側通行になっています。
こちらが内宮の地図です。

NAIGUU_28192595.jpg
まずお参りするのは、こちらも正宮から。
手水舎で、手を清めることを忘れずに。
再度、作法です。
1.右手に柄杓を持って水をすくい、左手を清めます。
2.柄杓を左手に持ち替えて、右手を清めます。
3.柄杓を右手に持ち替えて、左手に水を受けて口をすすぎます。
4.もう一度左手を清め、柄杓を垂直に立て残りの水で柄杓の柄を清めます。
いよいよ、内宮の正宮のお参りです。

やはり厳かで空気感が違います、大雨で参拝客の少ないこともありこの雰囲気を感じさせてくれているのかもしれません。
そんなふうに感じさせてくれました。

内宮でも、個人的なお願いは別宮である、荒祭宮でします。
内宮参拝を済ませ出るころには、ひざ下はもちろん、靴の中までビッチョリでした。

Ⅷ.「おかげ横丁」で食べ歩き!
内宮をでたすぐのところにある「おはらい町」にある『おかげ横丁』、
お土産物を見たり、食べ歩きをしたり・・・1時間ちょっと散策後に「伊勢うどんとてまり寿司」のお昼です。
内宮をでるところまでは、そう感じなかったのですが、
おはらい町を歩きはじめてすぐ、大雨に身体ばかりでなく気持ちも打たれていたことに改めて気付かされます。
もう~これ以上、歩けない~、。。。でも、せっかく来たんだから、で、頑張ります。

横丁焼やアイスクリーム、コロッケなどなど、食べ歩きが楽しいよ!
事前に情報を得てはいました、しかしながら、地図を広げる余裕もなく、
まずは、ツアーでいただいた無料コロッケ交換券!このお店へまっしぐらです。
コロッケ1個でわずかな時間ですが雨をしのぎ、、
着替え用に、このあたりに洋服やさんはないかと尋ねるも、、数キロ先にイオンモールならあるよと、、
バスツアーの散策時間内、しかも大雨の中の徒歩、いけるはずもなかった。。。

つづいては、伊勢名物!赤福本店へ。
薪でお湯を沸かしたお茶と、「赤福」で一休みです。
薪の釜戸の火が雨で冷えた体をいくらかおたためてくれます、
お座敷にあがっていただくこともできるのですが、足元は靴の中までグチョグチョ、、さすがに上げるのには引け目を感じました。
それでも、座って休めたし、できたての「赤福」と温かいお茶で何とか回復できました。
20171022_101017.jpg

時間は少し早かったのですが、おはらい町の入り口付近にあるお昼会場へと、来た方向へ戻ります。
大きなお土産屋さんになっているので、お昼の前にサンダルとTシャツをなんとか購入!当然、デザイン性などは無視です!
これは、濡れたままの着衣では風邪ひきそうなので、帰りの長時間バス移動用です。
ついでにお土産。。。
20171022_213815.jpg

そして、「伊勢うどんとてこね寿司の昼食」です。
真っ黒なだし汁に、コシがない太くてまろやかなふっくらしたうどんです。
真っ黒なだし汁は、見た目で味が濃そうなのですがそんなことはありませんでした、魚介系だと思いますが七味を合わせなんとも見た目の色と味のバランスが不思議です。
コシのないふっくらした麺、こちらは、普段コシのあるしっかりしたウドン好きの方には・・・。
でも、「伊勢うどん」を食べたことがない方は一度食べてみてはいかがでしょう?
このうどん、思い出に残ることは間違いなしです!
20171022_110513.jpg

Ⅸ.伊勢最後のお土産屋さんに寄って、バスはいよいよ伊勢を後にします。
雨・風がさらに強まる中、バスは最後のお土産やさんに立ち寄り、伊勢を後にします。接近中の台風21号は明日にも関東に最接近とのことです。
バスに乗ってまずやらなくてはいけないことが、濡れた洋服と身体のケアです。
着替えのあるものは着替え、濡れたものは少しでも乾燥するようにし、身体を冷やさない対策をし、、、
またここから5.6時間バスの中となりますが、雨に濡れることから脱した安堵感がありました。

帰りの高速も、約1時間半ごと3か所のSA(岡崎・清水・海老名)で休憩をとります。何かしら食べたり飲んだり、、
大にきな渋滞もなく、バスは予定時間の19時に新宿に到着しました。
台風を引き連れながら帰ってきた、新宿はやはり雨でした。
振りかえれば、この天候の中、ツアー日程をなんと忠実に実行したことか!
運転手さん、添乗員さん、みなさん、大変おつかれさまでした。


台風接近で雨・風強い中での伊勢神宮参りでしたが、
なかなか見られない伊勢神宮の雰囲気や景色に出会え、これはこれでいい思い出になりました。

「また行ってみたい!」そう思わせてくれた伊勢神宮でした。
ただし、次は晴れているときに。。。

映画『関ケ原』観てきました!


石田三成側から見た「関ケ原の戦い」すごく新鮮でした!
迫力の戦闘シーンはもちろん、人の情や裏切りが感情移入するほどに表現されていたと思います。

岡田准一さんの三成、平岳大さんの島左近はとてもカッコ良く、
腹黒いと言われる家康は役所広司さんが見事に演じていました。
特に滝藤賢一さんの演じる豊臣秀吉は秀逸でした!

あと、何回か見てみたいです。


☆☆☆立川・八王子・青梅周辺の婚活は『婚活 with you 東京』!☆☆☆
mitunari.png

日本代表W杯出場決定おめでとうございます!

プレッシャーのかかる中、よくやってくれました!
先発メンバーが発表されたときの一抹の不安を・・試合開始すぐに払拭してくれ、
いつもよりチームがまとまった、新しい日本代表を見せてもらったような気がします。

オーストラリアに好機をつくらせず、見事にハマった試合展開で試合終了後は気持ち良かったぁ。

先制点の浅野選手や2点目を決めた井手口選手はもちろん素晴らしかったですが、
大迫選手、乾選手、そしてハリル監督、チームが一丸となっての勝利だと思います。
ロシアが楽しみです!

☆☆☆立川・八王子・青梅周辺の婚活は『婚活 with you 東京』!☆☆☆
nippondaihyou.jpeg

女優プロジェクトによるprpfamo・de・ROSAに行ってきました!


多摩の女性手作り作家さんが昭島に集合し、販売や1レッスンワークショップが開催されました!


こういったイベントは初めてでしたが、
それぞれの作家さんが作る作品を身近に触れ、その作品の美しさ可愛いさには男ながら感動でした。
自分に作れるイメージが全くわかない。。。
こんな作品を作る作家さん、尊敬します。

写真は、
『花めき』さんオリジナルのアロマワックスストーンと、
『BELINDA』さんのデコバージュ作品です。


20170716_102749.jpg20170716_112054 (2).jpg